参加姥爷的葬礼

6月23日凌晨3点左右,我妈用微信联系我说,姥爷突然去世了。

虽然我姥爷已经90岁了,做过好几次手术,当天也住在医院。不过手术后恢复很顺利,医生说24日可以出院,但23日晚上情况突然变了。据姥姥说,姥爷没有痛苦地离世了。

我得知这个消息后,决定回日本参加葬礼,开始准备了。
要买飞机票, 准备行李,查看路程和时间,学习葬礼上的礼仪等,需要做的事情真不少。
日本的葬礼跟中国的有点不一样,大家都要穿黑色的礼服和鞋子。女生的丝袜和包包也得是黑色。
我要在日本呆4天,礼服以外日常的衣服也得黑色。我没有那么多黑色的衣服,只好在飞机场买了一件。

24日我早上5点就出发,不过飞机因为天气原因延误了3个小时,到姥姥家的时候已经晚上8点了。

我回北京时更厉害,我坐的飞机是福冈→青岛→北京的航班,首先福冈→青岛延误了3个小时,然后青岛→北京一但飞了,不过有雷雨,没法降落,又回到青岛,在青岛住了一晚,第二天中午终于到了北京。

虽然很累,但我觉得这次回日本参加葬礼的决定是很对的。如果我没有参加葬礼的话,将来一定会后悔。毕竟葬礼这种东西一生中只有一次,应该要参加。

 

6月23日3時頃、母から祖父が亡くなったと微信で連絡が入った。

祖父はもう90歳で、何度も手術を受けた事があり、亡くなった日もちょうど入院中だった。
でも手術後の経過は順調で、24日に退院できるはずだったのに、23日の夜状況は一変した。祖母によると、苦しまずになくなったらしい。

この連絡を見て、私は葬式に参加するため日本に帰ることを決意し、帰国準備を始めた。
飛行機のチケット購入、荷物の準備、行き方や時間の検索、葬式のマナーを調べるなど、やるべきことは山のようにある。
日本の葬式は中国とは違って、黒い礼服を着る。靴も、女性のストッキングも、バッグも全て黒で揃える必要がある。
4日間日本に滞在予定だが、礼服以外に普段着も黒である必要がある。そんなにたくさん黒い服を持っていないので、飛行場で買わなければならなかった。

24日は朝5時に出発したが、天気の原因で飛行機が3時間も遅れ、祖母の家についた時にはすでに夜の8時を回っていた。

北京に帰るときはもっとひどくて、福岡→青島経由→北京の飛行機だったが、福岡→青島の飛行機が3時間遅れ、さらに青島→北京の飛行機は一旦飛んだものの、雷雨のせいで着陸できず、青島に戻ってしまった。青島で一泊して、北京に着いたのは2日めの正午頃だった。

とても疲れる行程だったが、今回日本に帰国して葬儀に参加したのは正解だったと思う。もし参加していなかったら、きっと将来後悔しただろう。
お葬式なんてものは一生に一回しかないのだから、後悔しないように参加するべきだと思う。