圧がすごい

日中ハーフの子供だからと言って、何の苦労もなく日本語と中国語両方ペラペラ、なんてことはなく、現実は結構大変。

中国にいた時は私が家の中で日本語を話すし、日本語のテレビをみたりもするので子供の日本語維持に関しても、日本文化への理解に関しても、まあなんとかなってきた。

しかし日本に帰ってくると、家でも外でも日本語で中国語の維持がかなり難しい。中国のテレビ番組もわざわざ見たいと思うほど面白くないし、私も面白い番組に詳しくない。

そのために毎週子供には中国のおばあちゃんへの電話と中国語の日記を書くことをさせているが、これがかなりの抵抗にあっていて、やらせるのが大変。夏休みは私も忙しかったので、ついつい日記はおろそかになってしまっていた。そして、最近旦那の「子供に日記書かせろ」の圧がすごい。

中国人の旦那が見てくれればいいんだけど、旦那はなにせ仕事ですごく忙しいのであまり期待できない。しかも子供が日記を書きたくなくてぶつくさ文句をいうとどんどん不機嫌になり、最後はブチ切れて面倒くさいことになるので、「これ中国語でなんていうの?」という質問でさえしにくい。「夏祭り」とか、「スーパーボールすくい」とか、いちいち単語でつまづくので子供のやる気もますます下がる。何かいい方法はないものか。

 



发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.